ロックンロールに蟀谷を

踊れないほうの阿呆。Twitter:@oika

関取花『中くらいの話』

 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018、メインステージから遠く離れた FOREST テントサイト、そのゲート脇に設けられた小さなステージ、BOHEMIAN CURCUS。

 といってもイメージがわかないであろうから、公式サイトより、画質を下げてマップを転載させていただく。

f:id:kd1:20180902155726j:plain

 おわかりいただけるか。BOHEMIAN CURCUSは、↓ここ

f:id:kd1:20180902160425j:plain

 RSR2018の私的ベストアクト、関取花はここで演っていた。

 アコギ一本。往来の人を立ち止まらせるに十分な歌唱力。

 「黄金の海」と表現されたビール、その波をかき分け進む海賊と呼ばれる我ら。

 もともとノーマークだったゆえの驚きもあってではあるが、今年のRSRの中でもっとも記憶に残る時間であった。


 帰ってから Google Play Musicを漁っていろいろ聴いたが、Google Playには入っていなかった本アルバムは、運よくAmazon Prime Musicで聴くことができた。

 『中くらいの話』は、2012年発売の2ndミニアルバム。これは疑いなき傑作である。

T1. 塀と宇宙

 すでに最高だ。

 張りつめた空気感のアカペラから、弦の手触りの荒々しいギターのストロークが最高だ。

 あとなんか、個人的にこういうブルージーなアコギの三拍子が好きなのかもしれん。奥田民生「674」とか、大森靖子「I love you」とか。

T2. 汽車のうた

 このアンサンブルを聴け。この頃に既に、最小限の楽器構成でこんなにも美しい音を作ってたんじゃないか。

 こっちの方向に進んでいってほしかったなぁというのが惜しい。

T3. ラッターネ

 寓話的な美しさのある曲。

 「ラッターネ」(Laterne)はドイツ語で、ランタン的なものか。

 この曲の「ラッターネ、ラッターネ」という部分は、同じメロディのドイツの民謡「Laterne, Laterne」が元ネタと思われる。

 なおCDJournalによると、関取花は幼少期をドイツで過ごしたそうな。

T4. 石段のワルツ

 表現力の多彩さを感じさせる曲。

 緊張感ある伴奏の中、哀愁ある間奏のアコーディオン?も良い。

 関取花のワルツは良いぞ。2017年の「ベントリー・ワルツ」も良い。

T5. むすめ

 Amazonの商品説明には、この曲が神戸女子大学のCMとしてオンエアされ、問い合わせが殺到したとある。

 まあそれも全然不思議ではないくらいに良い曲であるが、CMは想像してたものとはだいぶ違ったw


 歌詞の共感性もさることながら、後半から挿入される素朴なベース音がとても良い。文字どおり胸を揺さぶられる。

 アルバムに中性的な歌詞の曲が並ぶなか、唯一歌い手の人物像が明確に描かれる曲かもしれない。

T6. 10月のあなた

 変なひねりのない素直な曲ながら、ファルセットの置き方が癖になるサビ。聴き心地が良い。

全体として

 というわけで6曲が6曲ともすばらしい。これ2012年の作品かいな。

 他のアルバムでは、『君によく似た人がいる』もかなり好きだった。

 ただ、演奏の音作りの美しさでいえば本作『中くらいの話』がすでに最高峰なんじゃないか。

 新作『ただの思い出にならないように』になると、ちょっともう聞けなくなってしまう。

 いちいちこんなこと書くのもあれだが、どうしてかようにのっぺりと、他の誰かと区別のつかない厚化粧をしてしまうのか。あいかわらず歌は良いのだけどー。

中くらいの話

中くらいの話


Related: oika.hatenablog.jp oika.hatenablog.jp