読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックンロールに蟀谷を

踊れないほうの阿呆。Twitter:@oika

2015年、自分像

どうでもいいこと 音楽

 齢三十。若いのにしっかりしてるねぇっていう武器もとうに失い、私の価値はなんだろうと、気づけばなんとなく自問している。

 1月も後半戦というところだが、改めて今年の抱負というか、2015年、自分にいま足りてないものをどう埋めていくかを考える会。

 

健康と生活習慣

 こんないかにも標語的な目標を、掲げるようになってしまうんだなぁ…。

 いやしかし、まじで健康第一。

 年末から年始にかけてはどうにも体調が優れなくて、そうなると本当にだめですね人生は。

 痛感した。身体が第一。

 

 健康のためには、ひとつは正しい知識を身につけること。

 何が良くて何が悪いか、自分は素人だということを十分に自覚し、エビデンスのない話を勝手に盲信しないこと。

 ゲームの回復アイテムを取るようなイメージで栄養ドリンクを飲んだり、サプリメントを飲んだりしないこと。

 

 そしてもうひとつにはやはり、健全な生活習慣の積み重ねだ。

 掃除洗濯、早寝早起き、食事のバランス。

 ひとつひとつをさぼって負債を積み上げてしまわないこと。

 あとは信頼できるリマインドシステムを確立しておきたいな。数か月に1回のようなタスクが必ず定期実行されること。

 歯科検診とか、浄水器フィルタの交換とかさ。

 

幅広いインプット

 ここ数年、インプットがあまりにも偏ってる。

 漫画と音楽、あとは本当に職業的な専門知識。

 転職してからの数年間だったのでそれも仕方のなかった部分があるのだけど、そろそろ幅広いインプットにシフトしていかないと視野の狭い人間になってしまう。

 というか昔から、自分は疎い分野に関してはほんっとにダメすぎる。

 都道府県や国の場所がわからない。自国の歴史がわからない。クラシック音楽がわからない。

 昔はそれも個性だなんて言って乗り切ってきたのだけど、いいかげん、できないことを個性と呼んで許される年齢ではないからな。

 ものを考えるための基本道具をそろそろしっかり整えないと。

 そんな気持ちもあってKindleを買ったのでした。

 (本屋は俺の手の中 - ロックンロールに蟀谷を

 

音楽を鳴らす

 なんだかずっと、音楽を創る、楽器を弾くっていうことについて無駄なことばかりあれこれ考えていたなぁってことに気づいた。

 音楽を仕事にできたらって思っていた時期があったせいなのか、楽器をやろうかなって思ったとき、自分にできるのか、たいしてできないんじゃないか、時間もかけられずに中途半端になるのがおちじゃないか、みたいな、なんか無意識のうちにそんなことを考えてしまっているんだな。

 何回もあったなー。ギターを練習して上手くなるぞ!…いやまてよ、上手くなってどうすんの?本気でやるわけじゃないのに、中途半端に時間使う意味あんの?本気でやってる人にはどうせ勝てないでしょ。そこまで時間ないでしょ。…やめるか。ってパターン(笑)

 もっとシンプルに音を鳴らしてみようか。

 本気でやるわけじゃないんだから、開き直って好きにやってみよう。

どうでもいい芸術に
どうでもいい時間を割いて
「どうでもいいからね」と2%に懸けてみる

どうでもいい芸術

どうでもいい芸術

 

 

 

Related: